ウーマン

福岡の美容整形外科で理想の自分に生まれ変わろう

  1. ホーム
  2. 術後は安静にすること

術後は安静にすること

ドクターとナース

近年では、美容整形手術の技術がどんどん進化していることから、いろいろな施術を行なうことが可能となっています。二重まぶたや鼻を高くする施術、小顔にする施術、胸を大きくする施術、脂肪を取り除く施術など実に幅広い美容整形手術が存在するのです。福岡には、豊富な施術メニューと最新の機器を多数取り揃えた質の高い美容整形外科クリニックがたくさんあります。一人ひとりの症状をしっかり確認し、それぞれに合った施術方法を提案してくれるので、自分の理想に近い見た目を手に入れることができるでしょう。福岡のクリニックに通う際は、まず専門医と相談して、自分の身体の状態をじっくり検査した上で、無理のない施術を施してもらうことが大切です。顔のパーツから身体まで様々な部位の施術を行なっているので、それぞれが持つ外見への憧れをしっかり形にすることができるでしょう。また、福岡の美容整形外科クリニックでは、アフターケアもきちんと行なってくれるので安心です。美容整形手術は、非常にリスクの高い施術です。失敗すれば、取返しのつかないことになる可能性が高いので、信頼できるクリニックに依頼することが大事なのです。

美容整形手術は、施術法によってはとても大がかりな施術になるものもあります。特に皮膚を切除して行なう施術は、術後に腫れやむくみなどの症状が起こりやすく、しばらくその状態が続きます。その時期を「ダウンタイム」と呼び、症状が治まるまで安静にしておく必要があるのです。顔などの目立つ部位の場合は、症状が治まるまで仕事などは休んでおいたほうがいいでしょう。ダウンタイムの期間は、施術内容や部位によって異なりますが、軽い場合だと1~3日、ひどい場合だと1か月~3か月ほどかかります。ダウンタイムの期間は、安静に過ごしておかないと腫れがひどくなり、美しい見た目を作ることができなくなってしまいます。美容整形手術を行なう上で、術後の腫れやむくみはある程度覚悟しておかなければならないことです。福岡の美容整形外科クリニックでは、正しい過ごし方でダウンタイムを乗り切るために、しっかりアドバイスしてくれるので安心です。